[2019/05/22]
■海外バレエスクール訪問記 ~ CANADA Victoria Academy of Ballet 編 ~

CANADAブリティッシュコロンビア州にある、"Victoria Academy of Ballet"(以降、VABと記す)を訪れ、アカデミーの様子や、リハーサルを見学させていただく機会に恵まれました。また、パフォーマンスを観覧する機会にも恵まれました。
訪問した際に見たこと、感じたことなどをお伝えできればと思います。
今回の訪問での一番の収穫は、実際に現地を訪れ、自分の目で地域の様子やスクールを直接観ることができ、先生方やスタッフの方々とじっくりお話しをする機会が持てたことです。
これは、留学する際にはとても重要なことで、日本でのオーディションだけで留学先を決定してしまうのではなく、いくつかの候補地をオーディションツアーやサマースクールなどで体験して、自身の目で確認をすることが、その後の留学生活の成否に影響すると肌で感じました。ぜひ、留学を考えている方は参考にしていただければと思います。

[Victoria Academy of Ballet について]
VABは、Ms. Bleiddyn Bellis(ブライデン・ベリス先生)がディレクターを務めるバレエアカデミーです。

V-02.jpg
V-01.jpg

VABの特色として感じた点は、先生方を始め、スタッフの方々は所属しているダンサー達にはもちろんのこと、私達家族に対してもとてもフレンドリーで丁寧に応対して頂けるということです。
これは、Ms.ブライディンの方針なのだと思いますが、他のバレエスクールでは経験の無いことで、わが子をひとりで海外へ送り出す家族としては、とても安心できる依り何処となります。ありがたいことです。
また、日本人留学生をサポートして頂ける専属のスタッフ(ビクトリア在住の日本の方で、つたない英語力の生徒達の切ない思いも代弁して下さります。ホームステイ先との支援などもして頂けます)もいらっしゃいます。

VABはビクトリアのダウンタウン中心地にあり、ホームステイ先やシェアハウスなどからはバスを利用して通います。大体どのエリアからも30分程度で通える様ですが、エリアによってはバスの本数や最終バスの時間で若干影響することもある様です。

[レッスン風景見学 について]
今回、前述の Ms. Bleiddyn Bellis のご厚意により、沢山のクラスレッスン風景、リハーサルを見学させていただくことができました。
主に、下記のプログラムを見学しました。

・12才~18才が対象の"プロフェッショナルトレーニングプログラム(PTP)"
・18才以上が対象の"ブリッジ(研修生)プログラム"

そこでレッスンを受けているのは、カナダ出身、日本人留学生、海外(主にアメリカやメキシコ)からの留学生で構成されています。
日本人の割合は各クラス、3割程度といった感じでしょうか。スタジオは2部屋あり、それぞれのスタジオで毎回15人~20人程度がレッスンを受けています。

「海外のバレエスクールは、日本でレッスンを受けたり、ワークショップに参加するのと何処が違うの?」という疑問について。
VABのレッスンは、午前中はブリッジ(研修生)プログラムが中心のオープンクラス、昼からはブリッジ(研修生)プログラムと学校の授業を終えて帰ってきた、プロフェッショナルトレーニングプログラムが一緒に、またはそれぞれのスタジオでレッスンを受け、その後にリハーサル等を行うレッスンスケジュールがメインになっています。
夕方にはレッスンは終わり、留学生はホームステイ先または、シェアハウスに帰ります。

日本では、昼間は学校へ行き夕方からレッスンを受け、特に年齢の高い子は終わりが夜遅くになってしまい、夜型の生活にならざるを得ませんが、留学生たちは昼間中心の生活を送っていて非常に恵まれた環境で沢山の時間をレッスンに割いていることがわかります。

たくさんのバレエが大好きな子たちが、キラキラしたおメメで、先生のアドバイスを聞き逃しまいと、真剣に取り組んでいることが判ります。次のパの説明なら英語でも大体のバレエ用語と振りを見て私でも理解できますが、先生が一言一言注意していること、などをしっかり聞き取って自身を向上させるために、やはり英語力はとても重要だと感じました。
これは、日本での普段のレッスンでも同じことが言えますが、先生とのコミュニケーション、先生が注意していることをよく聞き、理解すること、集中してレッスンを受けることは、1年後、2年後の成長につながる非常に大切なことだと感じました。

[リハーサル/ステージ見学 について]
今回はレッスン風景だけでなく、"Celebiration de la Dance (Year End Showcase 2019)"というとても素晴らしいパフォーマンスを観覧する機会にも恵まれました。
このパフォーマンスは、ブリッジプログラム最終学年の修了パフォーマンスを兼ねていますが、最終学年のダンサー達の成長は目を見張るものがあり、1ステージに6曲も7曲も踊るステージを昼の部/夜の部と、1日2公演を行います。実際には非常に疲労しているはずなのに、後半の演目でも疲労を見せるどころか、却ってパフォーマンスに磨きがかかっているのは、さすが2年間の鍛錬の賜物としか言いようがありません。
ブリッジプログラム1年目のダンサー達と比較しても、その差は歴然でオーディエンスにもはっきり判る程、実力を身に着けたことが伺えます。

royal-theatre_1.jpg

[Victoria について]
ビクトリアは、カナダで有名な観光地-バンクーバーの少し南に位置する、日本によく似た気候で、美しい街並の地域です(東京よりは北に位置しているので、比べると少し気温が低い)。
治安も良く、比較的安心して街中を歩いたり、バスに乗ったりすることが出来ます。イギリス文化の影響を強く受け、建物もよく似た風貌の古い建築物が街中に多く残っている美しい街並みです。
5分も歩かないうちに、ハーバーに辿り着くことが出来、湾の対岸に見える国会議事堂の古めかしい建築物がとても印象的です。もちろん歩いてそこまで行くこともできます。
物価も日本に近く、すぐ近くのお店やスーパーマーケットでいろいろなものが手に入ります。
バンクーバーから日帰りや1泊で訪れる観光客が多く見られ、平日でもダウンタウンは観光客で賑わっています。

V-03.jpg

とても魅力な街並みですので、バレエ留学にかかわらず、一度訪れてみたいエリアです。
とても簡単なご紹介ですが、みなさまの参考になればと思います。          [TATEDA]